レーザー脱毛(医療レーザー脱毛)について|リフナビ用語辞典

マッサージ、メンズエステ店検索 リフナビ阪

リフナビが男のリフレッシュ&リラクゼーションスポットをお探しいたします

掲載店舗 キャンペーン クーポン
2366 1483 828
リフナビ用語辞典

意外と知らないマッサージ用語の意味をやさしく分かりやすく解説。

レーザー脱毛(医療レーザー脱毛)

【よみ】 れーざーだつもう
【英字】 Laser hair removal
【別称】 医療レーザー脱毛、レーザー脱毛、ルビーレーザー脱毛、ダイオードレーザー脱毛、アレキサンドライトレーザー脱毛、YAGレーザー脱毛

レーザー脱毛(医療レーザー脱毛)は別名医療レーザー脱毛とも呼ばれており、ルビーレーザー、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、YAGレーザーなどの医療用レーザーを使用した脱毛方法のこと。茶色または黒色の色素に吸収される単一波長のレーザーを用い、毛母細胞、毛乳頭を破壊・毛根や毛組織にダメージを与えることで脱毛を促す方法で、レーザー脱毛は出力の高いレーザーを使用することから医療機関でのみ施術を受けることが出来ます。
産毛や白髪・金髪・脱色した毛等にはレーザーが反応しづらいですが、黒色~濃い茶色の体毛には反応しやすいといわれています。故に、ほくろやあざ、日焼けをした部位等は避けて照射されることも多いため事前に医療従事者(レーザー施術者)と施術箇所等のすり合わせが必要となります。
一般的には、皮膚に対してゴムをパチン!とはじいたような痛みを伴います。尚、レーザー脱毛は医療機関で施術を受けることにより、施術後の皮膚経過を医師に相談することが出来るとともに、痛みが苦手な方は希望すれば麻酔クリームを施術前に塗って貰えるので、痛みを多少ですが軽減することが出来ます。周期としては二、三ヶ月に一度程度通い、成長期の毛にレーザーを照射することで毛根を破壊し脱毛していきます。