副交感神経について|リフナビ用語辞典

マッサージ、メンズエステ店検索 リフナビ阪

リフナビが男のリフレッシュ&リラクゼーションスポットをお探しいたします

掲載店舗 キャンペーン クーポン
2334 1314 793
リフナビ用語辞典

意外と知らないマッサージ用語の意味をやさしく分かりやすく解説。

副交感神経

【よみ】 ふくこうかんしんけい
【英字】 Parasympathetic
【別称】 交感神経系、自立神経

交感神経と同様、自律神経系を構成している抹消神経の1つで、心や体を休ませエネルギーの回復を促すように働きかけるのが副交感神経です。
主に睡眠中に作用し、緊張がほぐれたり力が抜けるのは副交感神経の働きによります。
ストレスを感じたり運動したりする際に活発に働くものが交感神経で、交感神経と副交感神経はシーソーのような関係性によって成り立ち、互いにバランスを取り合いながら作用しています。
現代人は、緊張状態である交感神経が作用している時間が長いですが、副交感神経をうながすバスタイムやマッサージの時間、睡眠時間を作り、リラックスした状態をつくりだすよう意識し、副交換神経を活性化させることが大切です。
交感神経・副交換神経、この2つのバランスが極端に崩れてしまうと、体内機能のバランスが崩れ、自律神経失調症によって精神疾患を患ったりすることもあります。