眼精疲労について|リフナビ用語辞典

マッサージ、メンズエステ店検索 リフナビ阪

リフナビが男のリフレッシュ&リラクゼーションスポットをお探しいたします

掲載店舗 キャンペーン クーポン
2374 1533 843
リフナビ用語辞典

メンズエステのご利用がより安心で楽しくなる、意外と知らないエステ用語、マッサージ用語、その他関連用語などの意味をご紹介するお役立ち用語集。

眼精疲労

【よみ】 がんせいひろう
【英字】 Eyestrain
【別称】 疲れ眼、疲れ目

眼精疲労とは睡眠をとることで回復する疲れ目よりも症状が重く、具体的には「目の疲れ、乾き、痛み、かすみ」や「まぶたが重い」という症状が特徴です。
一度治ったと思っても症状がぶり返したり、身体への諸症状が残ってしまったりする場合は眼精疲労の可能性が高いと言えます。
眼精疲労は、慢性的な目の疲れから頭痛や肩こり、吐き気、食欲不振、不眠等様々な症状を引き起こします。ひどい場合には自律神経が乱れ、精神的に不安定になったりすることもあると言われています。
また、近年のパソコンの普及により、仕事には欠かせないツールとなったパソコンの長時間使用が、現代人に多いドライアイを引き起こし、それが原因で眼精疲労になることもあります。
その他の原因としては、近視や乱視などで目のピントを合せようと目を酷使する事や、生活習慣の乱れなどが挙げられますが、眼による病気(逆さまつ毛・結膜炎・角膜炎等)が引き起こしている場合もある為、放置せずにまずは原因を明らかにし、重症化してしまう前に適切なケアをすることが重要です。