かっさについて|リフナビ用語辞典

マッサージ、メンズエステ店検索 リフナビ阪

リフナビが男のリフレッシュ&リラクゼーションスポットをお探しいたします

掲載店舗 キャンペーン クーポン
2338 1375 814
リフナビ用語辞典

意外と知らないマッサージ用語の意味をやさしく分かりやすく解説。

かっさ

【よみ】 かっさ
【英字】 Cassa

かっさは2,500年もの歴史を持つ中国の民間療法で、石や水牛の骨で作られたプレートを使って肌をこすり、血液の流れをよくする方法のことを言います。
専用板を使用し、ツボをすったり皮膚をさすることで、血液中の毒や老廃物を押し出し、リンパや経路の流れを良くすることを目的としています。
かっさを行う効果には、小顔作用やリフトアップ、身体のむくみやデトックス効果が期待できます。
近年は、全身に使用する事が可能なため、かっさを利用したフェイシャルエステやリラクゼーションサロンなど、身近にサービスを受けられる店舗が増加中。
血液だけでなく、水分や気の巡りが悪いと老廃物等が溜まりむくみやすくなったり、顔こりを起こしやすくなったりします。美容の一環として取り入れる方も増加しており、女性だけでなく男性にも広がりを見せています。