妊娠線について|リフナビ用語辞典

マッサージ、メンズエステ店検索 リフナビ阪

リフナビが男のリフレッシュ&リラクゼーションスポットをお探しいたします

掲載店舗 キャンペーン クーポン
2334 1314 793
リフナビ用語辞典

意外と知らないマッサージ用語の意味をやさしく分かりやすく解説。

妊娠線

【よみ】 にんしんせん
【英字】 Striae gravidarum
【別称】 ストレッチマーク

妊娠をすると短期間でお腹が大きくなり、皮膚が伸びます。皮膚の組織がその急な変化に追いつくことができずに真皮や皮下組織の繊維に亀裂が生じてしまいます。
これを妊娠線と呼び、いわゆる肉割れの症状を指し、ストレッチマークと呼称される場合もあります。
妊娠線は出来始めは赤紫色の線が現れますが時間が経つと白色へと変化し目立たなくなります。
妊娠線が出やすい箇所としては、お腹や胸、おしりに多く見られる傾向があります。皮下脂肪がつきやすい箇所は特に症状が出やすいので、予防する際には意識すると良いかもしれません。
妊娠線は妊娠中だけに出るものではなく、出産後も妊娠線の跡が残ってしまうことから、妊娠中初期からクリームを塗りマッサージをして予防・対策をする等、かなり早い段階からのケアが大切だといわれています。