ゴマージュについて|リフナビ用語辞典

マッサージ、メンズエステ店検索 リフナビ阪

リフナビが男のリフレッシュ&リラクゼーションスポットをお探しいたします

掲載店舗 キャンペーン クーポン
2366 1483 828
リフナビ用語辞典

意外と知らないマッサージ用語の意味をやさしく分かりやすく解説。

ゴマージュ

【よみ】 ごまーじゅ
【英字】 gommage

ゴマージュはフランス語で「優しくすり込む」「やさしく削ぎおとす」という意味を持ちます。
セルフケアでは落ちにくいお肌にたまった古い角質を取り除き、効率よく肌がターンオーバーしやすくなるよう整える施術方法のことを一般的に「ゴマージュ」と呼びます。
成分は主に植物の種や天然ハーブを用いて行われているため、肌の奥の汚れもやさしく取り除くことができます。
ゴマージュは、酸で角質を取り除くピーリングとは異なり、植物等の天然素材を使用することで肌ストレスを軽減し負担を抑えながら施術をすることが可能です。
尚、ゴマージュもピーリングも、高い頻度で行うと肌を傷めてしまうことがありますので、注意が必要です。
発症の地フランスでは、街中でよく見かける施術方法ですが、日本では過去の普及時期以来、あまりみかけることがありません。理由としては、ゴマージュは大変繊細な技術が必要であるとされている点があります。
ゴマージュ技術を取得するには時間がある程度必要となり、難度が高いとされているため、なかなか浸透しづらいという見方もあります。
近年、身体の内側からだけではなく、環境問題等が引き起こす外気からの影響でお肌トラブルが生じることも少なくありません。事実、敏感肌で悩む方も増えているといいます。
お肌のセルフお手入れが進化し、フェイシャルエステにも安価プランが登場し気軽に通えるようになった昨今ですが、ゴマージュのように、肌を整えるだけでなく、お肌再生を目指す施術が、今また注目されています。