酵素風呂について|リフナビ用語辞典

マッサージ、メンズエステ店検索 リフナビ阪

リフナビが男のリフレッシュ&リラクゼーションスポットをお探しいたします

掲載店舗 キャンペーン クーポン
2334 1316 793
リフナビ用語辞典

意外と知らないマッサージ用語の意味をやさしく分かりやすく解説。

酵素風呂

【よみ】 こうそぶろ
【英字】 Fermented rice bran bath
【別称】 酵素浴、発酵温浴、天然発酵浴、天然発酵温浴、発酵風呂

酵素風呂とは、発酵させたおがくず・米ぬかの中に身体をすっぽりと入れ、身体を芯から温めるお風呂のこと。
酵素風呂の中の温度はだいたい50度~70度ほどになり、その発汗量は岩盤浴のおよそ3倍とも言われています。
また、15分間の入浴でマラソン約2時間分の発汗作用も。
天然発酵温浴とも呼ばれるだけあって、酵素風呂は様々な効果に期待できます。
血行促進、自然治癒力UP、発汗によるデトックス作用、新陳代謝UP、ダイエット、リラックス効果、肌質改善、肩こり・腰痛、冷え性対策、生理痛、体臭改善、むくみ改善、不眠、その他慢性的な体質改善等々、私たちが日々悩まされている慢性疾患や現代病にも効くとされています。
身体への負担も軽く、副作用もないため、子供から高齢の方まで安心して楽しむことが出来ます。
あくまでも体験談ですが、ガンや不妊に効果を得られた、という声もあるほど。
近年は大変幅広いジャンルの温浴方法が発信されていますが、酵素風呂はまた新たな温浴方法として、注目されています。
尚、発酵風呂とはこのような形式の総称ではありますが、通常のお湯を張った状態の湯船に、酵素液を直接混ぜる酵素風呂のことをそう呼称することもあります。