直接灸について|リフナビ用語辞典

マッサージ、メンズエステ店検索 リフナビ阪

リフナビが男のリフレッシュ&リラクゼーションスポットをお探しいたします

掲載店舗 キャンペーン クーポン
2334 1314 793
リフナビ用語辞典

意外と知らないマッサージ用語の意味をやさしく分かりやすく解説。

直接灸

【よみ】 ちょくせつきゅう
【英字】 Direct moxibustion

お灸には大きく分類して二種類の施術方法があり、直接灸と関節灸に分けることが出来ます。
そのうち、直接灸はその名前の通り、直接肌にもぐさを置いて火をつけるお灸のことを指します。
かつては大きなものが使われたこともありましたが、最近では米粒程度の小さなものが利用されています。
つぼをしっかり刺激することができ、高い効果を期待できますが、一瞬チクッとした痛みがあり、施術後に火傷の水ぶくれや痕ができてしまうことから、最近では熱が直接肌に触れない間接灸が利用される機会が増えたといわれています。