甘皮について|リフナビ用語辞典

マッサージ、メンズエステ店検索 リフナビ阪

リフナビが男のリフレッシュ&リラクゼーションスポットをお探しいたします

掲載店舗 キャンペーン クーポン
2356 1452 825
リフナビ用語辞典

意外と知らないマッサージ用語の意味をやさしく分かりやすく解説。

甘皮

【よみ】 あまかわ
【英字】 Cuticle

爪の付け根部分にある皮膚の一部で、爪のキューティクルのことを指します。
甘皮には「キューティクル」と「ルースキューティクル」と呼ばれる二つの種類が存在し、キューティクルはいわゆる甘皮と呼称されるもので、爪の根元にある薄い皮膚部分。新しい爪の保護をする機能があります。ルースキューティクルは、甘皮の下からはえてくる角質化した薄い皮のことを指し、放置した状態でいると爪の成長を妨げたり、ささくれの原因になったり、爪のお手入れに必要なキューティクルオイルがうまくなじまない、またジェルネイルをする際に密着度が低く浮きやすくなってしまう等、爪にとって様々な弊害が出る場合があります。
甘皮処理は、このルースキューティクルを取り除くことが主となります。
甘皮処理はドライケアをするサロンももちろん多くありますが、近年はお湯で甘皮をやわらかくした後に行うウォーターケアも取り入れられているようです。
ウォーターケアは、まずお湯で甘皮やわらかくし、甘皮へのアプローチだけでなくマッサージ効果もあるネイルマシンで振動を与えて甘皮を押し上げていきます。更に、ニッパーを使用し余分なルースキューティクルを取り除きます。
最後に、キューティクルオイルを塗って、ささくれや甘皮の乾燥を防ぐケアをします。
甘皮は爪の中に菌が進入することを防ぐ役割があるため、甘皮を深く切りすぎてしまうと出血したり傷がついたりする原因になります。市販で比較的安価なニッパーが手に入りますが、闇雲に甘皮を切ってしまうと、それが除去してはいけないキューティクル部分であったり、または切りすぎて出血したりと、トラブルになりかねないため、甘皮除去の際は出来るだけサロンでのお手入れをオススメします。
もちろん、自宅ケアもオススメですが、その際には多少知識があった方が安心です。