アビヤンガについて|リフナビ用語辞典

マッサージ、メンズエステ店検索 リフナビ阪

リフナビが男のリフレッシュ&リラクゼーションスポットをお探しいたします

掲載店舗 キャンペーン クーポン
2367 1535 834
リフナビ用語辞典

メンズエステのご利用がより安心で楽しくなる、意外と知らないエステ用語、マッサージ用語、その他関連用語などの意味をご紹介するお役立ち用語集。

アビヤンガ

【よみ】 あびやんが
【英字】 Anoint
【別称】 Abhyanga

アーユルヴェーダの基本的な全身オイルマッサージのことを総称して、「アビヤンガ」と言います。
サンスクリット語の「アビヤーサ」(繰り返す)という言葉と、「ヤンガ」(手足)という言葉とをあわせた言葉で、英語では「全身にオイルを塗る」「聖油を塗る」と訳されるそう。
人肌に温めたハーブブレンドのオイルを身体に塗り、アーマ(毒素)を排出させていきます。
アビヤンガは、若返りやアンチエイジングなどの療法の一環としてその名が知られています。
主な効果として挙げられるのは、倦怠感の改善、慢性的な疾患を和らげる、関節痛の改善、保湿効果、睡眠不足改善などが挙げられます。