ローズヒップオイルについて|リフナビ用語辞典

マッサージ、メンズエステ店検索 リフナビ阪

リフナビが男のリフレッシュ&リラクゼーションスポットをお探しいたします

掲載店舗 キャンペーン クーポン
2356 1450 825
リフナビ用語辞典

意外と知らないマッサージ用語の意味をやさしく分かりやすく解説。

ローズヒップオイル

【よみ】 ろーずひっぷおいる
【英字】 Rose hip oil
【別称】 ローズヒップ油

ローズヒップオイルは、老化を防止してくれるカロチノイドを含み、シワの緩和・皮膚の活性化などの効果があります。ローズヒップの赤色は、そのカロチノイドの色が元となっています。
また、リノール酸も豊富に含有し、傷跡や怪我跡の皮膚再生にも適しているといわれています。
性質としては粘性があり、乾燥肌向き。単品としても、ブレンドにも適していますが、使用のしすぎはじ肌が炎症をおこしたりすることもあるため、オススメはベースオイルとして少量をブレンドし、他のオイルと混ぜる方法です。フェイシャルマッサージとしてニキビ肌にも効果があるので、パッチテストを兼ねて極少量から使用してみるのも良いかもしれません。
フェイシャルマッサージ以外にも、ハンドマッサージ、フットマッサージ、ボディマッサージ用としても使用できます。浸透力はそこまでありませんが、メジャーなオイルです。