イブニングプリムローズオイルについて|リフナビ用語辞典

マッサージ、メンズエステ店検索 リフナビ阪

リフナビが男のリフレッシュ&リラクゼーションスポットをお探しいたします

掲載店舗 キャンペーン クーポン
2356 1452 825
リフナビ用語辞典

意外と知らないマッサージ用語の意味をやさしく分かりやすく解説。

イブニングプリムローズオイル

【よみ】 いぶにんぐぷりむろーずおいる
【英字】 Evening primrose oil
【別称】 月見草油、月見草オイル

イブニングプリムローズは、和名は月見草と呼称され、繁殖力が高くヨーロッパや地中海、イギリス、ニュージーランド、中国などでも頻繁に見かけらる植物。
イブニングプリムローズオイルは、免疫力向上や肌の老化改善への効果が期待できるγ-リノレン酸を約10%ほど含んでいます。必須脂肪酸の1つであるγ-リノレン酸を含有する植物は大変珍しく、血圧低下やアレルギー性疾患に効果をもたらすとして、注目されています。また、母乳にも含まれる成分であるγ-リノレン酸は、女性ホルモンバランスを取ってくれる成分であり、生理痛や更年期障害の抑制にも効果があるとされています。
さらに、リノール酸も60%~70%と多分に含んでおり、保湿効果に大変優れています。
ボディマッサージはもちろん、フェイシャルやハンドマッサージにも適していますが、イブニングプリムローズオイルは酸化しやすいオイルですので、ガラス製の遮光瓶に入れて冷暗所で保管し、大体1ヶ月程度を目安に使い切ることがオススメです。
酸化防止剤作用のある、ウィートジャムオイルをわずかに(10%弱程度)ブレンドすると、持ちがよくなるようです。