インカインチオイルについて|リフナビ用語辞典

マッサージ、メンズエステ店検索 リフナビ阪

リフナビが男のリフレッシュ&リラクゼーションスポットをお探しいたします

掲載店舗 キャンペーン クーポン
2356 1452 825
リフナビ用語辞典

意外と知らないマッサージ用語の意味をやさしく分かりやすく解説。

インカインチオイル

【よみ】 いんかいんちおいる
【英字】 Inca inchi oil
【別称】 グリーンナッツオイル、サチャインチオイル、インカラッカセイ

インカインチオイルは、ペルーのアマゾンが原産地の星型をした莢の内部に生るインカインチの種から抽出されるオイルです。数世紀前も昔から、インカ人によって利用されてきました。酸化しにくく、肌に浸透しやすい性質を持つオイルです。
血中のコレステロールや中性脂肪などを調整してくれる働きをする不飽和脂肪酸(中でもオメガ3とオメガ6)が、なんと全体の93%を占めていることでも知られるオイルです。日本の市場に出回るようになって約10年が経ち、女性誌や健康雑誌などを中心に、身体に良い効果をもたらす油として情報が広まり、広く認知されるようになりました。
また、天然のビタミンEが豊富に含まれていることも特徴のひとつで、100gの中に140mgのビタミンEを含有し、他のオイルに比べ圧倒的にビタミンE含有率が高いことが分かります。これにより、アンチエイジング作用に大きく貢献し、美容オイルとしても大変効果が期待できます。さらに、ビタミンAも多く含まれており、眼の疲れなどに効くとされています。
食用としても利用出来るインカインチオイルですが、加熱調理にも耐久性があるため(揚げ物は避けることをオススメします)、幅広い料理に活用できる点も重宝されている理由のひとつと言えます。