椿オイルについて|リフナビ用語辞典

マッサージ、メンズエステ店検索 リフナビ阪

リフナビが男のリフレッシュ&リラクゼーションスポットをお探しいたします

掲載店舗 キャンペーン クーポン
2356 1450 825
リフナビ用語辞典

意外と知らないマッサージ用語の意味をやさしく分かりやすく解説。

椿オイル

【よみ】 つばきおいる
【英字】 Camellia oil
【別称】 ツバキオイル、椿油、カメリアオイル、カメリア油

椿オイルは、西側の暖地に生息するツバキ科ツバキ属の植物「ヤブツバキ」の種子から採取された精油です。
同じ椿オイルの仲間、カメリアオイルと混同されがちですが、カメリアオイルはツバキ科ツバキ属の植物から採取されたオイル全般を指し、「チャノキ」の種子から採取されます。
椿オイルは、オリーブオイル・ホホバオイルと供に世界三大オイルとして世界的に認められているオイルで、皮脂膜のケアにも適しているオレイン酸を85%以上と大変高く含み、保湿作用やニキビ予防、アンチエイジングなどに効果が期待できると言われています。
オレイン酸を多く含む椿オイルをフェイスマッサージに使用すれば、肌の保護に一役買ってくれます。ただし、使いすぎには注意が必要。過剰なオレイン酸の使用は、肌荒れの原因にもなりかねません。顔だけではなく、頭皮マッサージやヘアパックなどにも適しており、シャンプーやトリートメントなどでも椿を売りにしている商品が目立ちます。
滑らかで浸透力にも優れているため、様々な用途に使用しやすい点もポイントです。